成長戦略 (2018 - 2021)

 マスタープラン ステージI、Ⅱ、Ⅲ


ステージI、Ⅱの結果

ステージI、Ⅱの結果


ステージ Ⅲ 重点取り組み方針

マスタープランの最終ステージとして、更なる売上/利益成長を 目指す。加えて、対象マーケット及び製品ラインナップを拡充させ、経営基盤のより一層の強化を図る。

  • ステージI、IIでの成長の牽引役であった車載、インダストリー関連を 更に成長させつつ、家電市場関連にも再度チャレンジし、この分野を成長軌道に乗せる。
  • ノンコイル分野のビジネスラインナップを拡大させることにより、成長 スピードを向上させる。
  • 本期間中にトップマネージメントチームの若返りを図り、次期マスタープランを更なる成長路線で作り上げていく

ステージ Ⅲ 数値目標

ステージ Ⅲ 数値目標

既存ビジネスでの営業利益     85億円      +      M&Aにより営業利益     15億円


マーケット別戦略

マーケット別戦略


マーケット別戦略 - 車載関連

主力3製品の動向

ABS
微増 ↗
HID
減少 ↘
キーレス
増加 ↗

ステージIIIでの3製品の合計売上高は、過去に比べ、スローダウンする。

成長エリアとして、次の2つの領域に注力し、車載全体での更なる成長を継続する。

EV / HEV アクチュエータ

EV/HEV向けアプリケーション:

  • 電気自動車
    • モーター, PCU, バッテリー (バッテリーマネジメントシステムオンボードチャージャー)
  • 非接触
  • プラグイン
  • 充電スタンド

マーケット別戦略 - インダストリー関連

従来から注力していたアプリケーション

FA
増加 ↗
RFID
増加 ↗
メディカル/ヘルスケア
増加 ↗
エネルギー
減少 ↘

ステージⅢで注力していくアプリケーション - 新たな注力エリア

  • Industry 4.0、IoTの促進により、様々なモノ(物)がインターネットに接続される。 
  • 電源モジュール関連、ノイズ対策関連、通信関連など種々の領域に当社技術をアプライしていく。

マーケット別戦略 - 家電関連

従来から注力していたアプリケーション

家電一般用インダクタ
増加 ↗
アダプター用トランス
増加 ↗
非接触給電用コイル
増加 ↗

ステージⅢで注力していくアプリケーション - 新たにメタルインダクターの製品ラインナップを見直し、拡販していく

Metal Type Inductors 

 家電アプリケーション

CE Applications

 ステージⅢ 地域戦略

従来からの拠点に加え、以下の2拠点を重点拡大拠点として位置付け、機能を加えていく

ステージⅢ 地域戦略


ステージⅢ 製造戦略

 ステージⅢ 製造戦略


ステージⅢ M&A戦略

ステージⅢ M&A戦略


更なる成長に向けて

 更なる成長に向けて


ステージⅢ ファイナンス戦略

中期経営計画 ステージⅡの最終年度の検証

中期経営計画 ステージⅡの最終年度の検証


 営業利益増減要因分析 - 2014年から2017年 -

営業利益増減要因分析 - 2014年から2017年 -


モニタリング指標/ROEの構成要素

モニタリング指標/ROEの構成要素


中期経営計画ステージⅢ 連結損益の数値目標

中期経営計画ステージⅢ 連結損益の数値目標


営業利益予想増減要因分析 

営業利益予想増減要因分析 


モニタリング指標/ROEの構成要素

モニタリング指標/ROEの構成要素


中期経営計画期間中の設備投資総額

中期経営計画期間中の設備投資総額


中期経営計画ステージⅢを支える内部管理、内部統制の仕組みの構築が完了

中期経営計画ステージⅢを支える内部管理、内部統制の仕組みの構築が完了


配当方針

配当方針


ご注意

将来予測に関する記述

 当資料に掲載されている記述には、当社の将来予測に関する記述が含まれています。これらの将来予測に関する記述は、当社が現時点で入手した情報に基づくものです。従って、予期せぬ事象の発生及び経営環境の変化(世界経済情勢、事業構造、競争状態、技術動向、公的規制、社会環境・労働環境等によるものを含みます。)等の要因によって、実際の結果がこれらの将来予測に関する記述と異なる結果となる可能性があることをご了承ください。また、当社は、実際の結果が将来予測に関する記述と異なる結果となった場合でも、将来予測に関する記述を修正して公表する義務を負うものではありません。また、そのことに付随して発生したいかなる損失、損害にも責任を負いません。
  
 本資料の著作権は、当社に属し、その目的を問わず無断で引用または複製することを禁じます。
  
 なお、本資料では百万円単位で管理している原数値を億円単位で表示している場合があり、合計額、差額等が不正確な場合があります。詳細な数字が必要な場合は決算短信を参照していただきますようお願いいたします。