SUMIDA: コーポレートニュース

欧州中部での洪水に関するお知らせ(第ニ報)

2013年 06月 20日 プレスリリース

欧州中部の洪水被害による事業への影響につきまして、現在の状況をお知らせします。

  1. 現在の状況
       当社グループの欧州での製造拠点の一つである連結子会社 SUMIDA AG は6月2日頃、近郊を流れるドナウ川の氾濫により工場の一部が冠水しました。工場施設内の排水作業は完了し、現在清掃、機械のメンテナンスなど復旧作業を進めております。
       SUMIDA AG ではルーマニア工場及びスロベニア工場で製品生産を行うための材料加工を行っておりますので、製品生産への影響を最小限に留めるために、外部調達を増やす等の対応を進めております。
       なお、通常レベルの生産能力に戻るまでには1ヶ月程度は掛かる見通しです。 

       当社グループはお取引先様への影響を最小限にするよう全力で取り組んでいます。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

       現在、洪水による被害額ならびに業績への影響を精査中であり、当期の業績に重大な影響を与えると判明した場合には、速やかにお知らせします。
  2. 連結子会社の概要
名 称: SUMIDA AG
所在地: Dr. Hans-Vogt-Platz 1, D-94130 Obernzell, Germany
代表者: Paul Hofbauer
資本金: 7,344,027 ユーロ
出資比率: 97.04%
従業員数: 398 名
事業内容: コイルの開発・製造・販売

 

PDF版は上のプレスリリースリンクからご参照ください。

過去のニュース