SUMIDA: コーポレートニュース

当社元社外取締役に対する損害賠償請求訴訟提起に関するお知らせ

2019年 11月 22日
プレスリリース

当社は、2019年11月22日付で、当社の元社外取締役である内田莊一郎氏に対し、損害賠償請求訴訟を提起(以下「本件訴訟」といいます。)致しましたので、下記の通り、お知らせ致します。

1. 本訴訟を提起するに至った経緯及び理由

2018年11月6日、東京地方裁判所は、当社の元社外取締役が当社株式について金融商品取引法違反(インサイダー取引・取引推奨)を行ったことを理由として、元社外取締役に対して有罪判決を言渡しました(2018年11月21日同判決確定)。

このたび、当社は、元社外取締役の金融商品取引法違反行為によって、当社が被った損害について、元社外取締役に対し、善管注意義務違反に基づく損害賠償請求訴訟を提起しました。

本訴訟におきましては、会社法第408条1項2号に基づき、当社監査委員会が選定した監査委員が会社を代表致します。

2. 訴訟を提起した裁判所

東京地方裁判所

3. 訴訟を提起した者(原告)

(1) 名称:スミダコーポレーション株式会社

(2) 住所:東京都中央区晴海一丁目8番10号
                晴海アイランドトリトンスクエア オフィスタワーX棟14階

(3) 訴訟における代表者:当社選定監査委員 宮武 雅子

4. 訴訟を提起した相手方(被告)

当社元社外取締役 内田 莊一郎

5. 訴訟の内容

当社元社外取締役の善管注意義務違反に基づく52,157,500円の損害賠償を含む81,530,000円の支払いを請求する。

6. 今後の見通し

本件が当社の業績に与える影響は軽微であります。