SUMIDA: 投資家ニュース

平成 23 年 12 月期第 2 四半期累計期間連結業績の前年同期との差異に関するお知らせ

2011年 07月 29日 プレスリリース

平成 23 年 12 月期第 2 四半期累計期間(平成 23 年 1 月 1 日~平成 23 年 6 月 30 日)の連結業績と前年同期(平成 22 年 1 月 1 日~平成 22 年 6 月 30 日)の連結業績との差異について、下記のとおりお知らせいたします。

当社は当第 2 四半期累計期間の連結業績予想を開示していないため、前期連結業績との差異の説明
を行うものです。

  1. 平成 23 年 12 月期第 2 四半期累計期間連結業績と前年同期連結業績との差異
    (単位:百万円、百万円未満切捨て)
      売上高 営業利益  経常利益 四半期純利益 1 株当たり
    四半期純利益
    (円)
    平成 22 年 12 月期第 2 四
    半期累計期間
    (平成 22 年 1 月 1 日
    ~平成 22 年 6 月 30 日)
    実績(A)
    27,001  2,062   1,234  905  47.13
    平成 23 年 12 月期第 2 四
    半期累計期間
    (平成 23 年 1 月 1 日
    ~平成 23 年 6 月 30 日)
    実績(B)  
     27,140  1,279  1,208   691  35.99 
    増減額(B)-(A)  139 △782 △26  △214  -
    増減率(%)  0.5% △38.0% △2.2%  △23.7%  -
  2. 平成 23 年 12 月期第 2 四半期累計期間連結業績と前年同期連結実績の差異の内容
       売上高は 27,140 百万円となり、前年同期と比較して 0.5%増加しました。営業利益は同 38.0%減の1,279 百万円、経常利益は同 2.2%減の 1,208 百万円、四半期純利益は同 23.7%減の 691 百万円となりました。
    1. 売上高
         東日本大震災の影響で、アジア地域での売上が伸び悩んだものの、自動車向けを中心としたヨーロッパでの売上が堅調に推移し、売上高は 27,140 百万円となり、前年同期比 0.5%増加しました。
    2. 営業利益
         売上高は増加したものの、銅材等原材料価格の高騰、中国の人件費の上昇等により、営業利益は前年同期比 38.0%減の 1,279 百万円となりました。
    3. 経常利益
         営業外損益で前年同期の為替差損に対し為替差益を計上したこと等から、経常利益は前年同期比 2.2%減の 1,208 百万円となりました。
    4. 四半期純利益
      四半期純利益は前年同期比 23.7%減の 691 百万円となりました。 

 

PDF版は上のプレスリリースリンクからご参照ください。

過去のニュース